一人暮らしで偏った食事をしている学生の君にお勧めのジュース

ひとり暮らしの学生に偏食するなっていうことは大変酷なことだと思います。医者の卵か、栄養士か看護学校の学生なら栄養バランスを理解して食生活に生かすことも可能でしょう。多くの一人暮らしの学生ではやはり難しいと思われますね。

 

朝は食べたり食べなかったり、マックのハンバーガーが朝食がわり、昼は学食でラーメンかカレーライス。夜はバイト先でコンビニ弁当なんて感じでしょうか。栄養バランスなんて考えることすらないのではと思われますね。
マック好きのアナタにおすすめの記事↓
マック好きなあなたに注意してほしい食習慣と対策

 

 

こんな生活が3年も4年も続いたら、かなり栄養バランスは崩れていることと思われます。どうすれば栄養バランスを取り戻し、健康な生活が築けるでしょう。

 

偏食による栄養分のバランスの乱れ

塩分摂りすぎ

料理の適度な塩分は旨さを高めてくれますね。しかし塩分は摂りすぎると血圧を高め、動脈硬化を引き起こします。料理にはしっかりと出汁をとりうまみ成分を高めることによって、塩分を少なくすることができるのです。

 

良質なたんぱく質が不足する

筋肉を作る栄養素のたんぱく質は、体内でアミノ酸に分解され、必要な量を確保できるのです。だから体内に必要なアミノ酸を効率よくとるためには、肉や魚の摂取だけでなく、野菜や果物も取り入れることが大切です。

 

動物性脂肪分の摂りすぎ

動物性脂肪分が多く含まれる食品に、ハンバーガーなどファーストフード食品があげられます。動物性脂肪分は摂取し過ぎると、悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化の原因になります。卵やマヨネーズも摂りすぎには気を付けましょう。

 

糖分の摂りすぎ

筋肉や脳のエネルギー源として大切な役目を果たす炭水化物や糖分は、食べ過ぎると高血圧の原因となり、恐ろしい糖尿病になる恐れがあります。甘いものは疲れを取る効果がありますが、適量なら健康にいいが食べやすさからついつい食べ過ぎてしまうことがあるので気を付けましょう。

 

野菜不足になる

偏食で問題になるのが野菜不足です。野菜にはビタミンや腸をきれいにしてくれる食物繊維。植物性たんぱく質や脂肪分など、体を維持するに必要な栄養分が豊富に含まれています。ビタミンの不足は肌荒れや傷の治りを悪化させ、食物繊維不足は、便秘や動脈硬化の原因になります。

 

 

偏食の原因は幼児のころの食育にあるといわれます。母乳で育った幼児は野菜を嫌う傾向が少ないといわれます。原因は母乳を通じて野菜などの苦みを含んだ味覚を経験しているので、幅広い味覚を養うことができるようです。

 

しかし今回の場合、幼児時代は別として、大人になった学生の日常生活から食事において偏食気味にならざるを得ない状況を考えると、どうしてもジュースもしくはサプリメントで栄養を補うしかないのでしょう。

 

コンビニ弁当やファーストフードでの食事には、ミネラルが不足している食品が大多数です。そしてミネラル不足で病気になる人が大変多くなっています。如何してミネラルが減っているのでしょう。それには3つの原因があります。

 

  • 水煮食材を原料とする食品が多く、水溶性成分が溶け出してしまっているからです。
  • 原材料の見場をよくするために精製されて、ミネラルが抜けてしまっているため。
  • 食品添加物の「リン酸塩」を多く使っているため、ミネラルの吸収を妨害しているため。

 

家庭でも言えることですが、よく洗い、よく茹で、煮こぼすといった調理法は水溶性ミネラルを捨てていることになります。特にカリウムやマグネシウムは茹でると栄養分を損失してしまうので注意が必要です。
こんな症状が現れたら危険信号です。
唇や頬がささむけてきたら栄養失調を疑え!

 

 

手間暇かけずにミネラルを摂取したい人におすすめなのは、「煮干し」や「煮干し粉末」を常時携帯し、外食時にご飯やソースに混ぜて食べれば、ミネラルの補給ができます。魚が苦手なら、「韓国のり」「すりごま」ナッツ類」「種実類」「大豆製品」も効果があります。

 

外食が多い人にはこちら⇒外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは

 

 

それではジュースの場合はどうでしょう

ビタミンCと食物繊維が失われています。

野菜は食事からとることが基本ですが、外食が多ければそうはいかないこともあります。野菜ジュースは一般的に濃縮還元法で作られています。

 

この過程では野菜に熱が加わるため、ビタミン、ミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が、過熱によって水溶性の栄養素は激減してしまいます。特にビタミンCは熱に弱いのです。

 

食物繊維もジュースとして飲みやすくするためにドロドロした食物繊維は取り除かれてしまいます。食物繊維は食事をとる際に、最初に摂取して後から入ってくる食べ物による血糖値の上昇を緩やかにする役目があります。

 

野菜とジュースの大きな違いは「噛む」と「飲む」でしょう。

多忙な人や独り暮らしでどうしても外食や市販の弁当に頼っていると、野菜不足は否めません。こんな人には手軽に飲める野菜ジュースがおすすめですね。市販のジュースには栄養成分と原材料が表示されています。使用している量の多い順に並んでいます。

 

例えば緑黄色野菜が不足気味と思ったら、緑黄色野菜が上位に表示してあるジュースを選ぶよう工夫してください。ジュースを飲むタイミングは、食事と一緒に飲むと効率がいいようですよ。

 

野菜は噛んで食べますが、この噛むという行為は大切なことです。噛むことによって唾液で食べ物を消化しやすくします。野菜ジュースは噛むという大切な運動を省略していますが、食事と一緒に摂って、あくまでも栄養補助として上手に利用しましょう。

 

最後に

野菜や必要な栄養分は、食事からとることが基本ですが、それが難しい学生のアナタには、少しでもバランスを考えた食事をするために、野菜ジュースと一緒に食事をとってください。野菜ジュースには極力添加物の入らないものが望ましいですね。

健康になれば、心も豊かになり親にも周りにもやさしくできます。

 

一人暮らしで栄養が全く摂れていないアナタの体を健康に戻すために必要なもの

ビタミンとそれ以上の栄養をたっぷり摂れるミドリムシはこちら

一人暮らしで偏った食事をしている学生の君にお勧めのジュース関連ページ

3食食べているのに栄養失調と言われた人に飲んでほしいサプリ
高齢者が栄養失調になる理由とその対策
近年高齢者の栄養失調が問題になっています。70歳以上の4人に1人が栄養が足りていないといわれます。つまり栄養失調ということです。高齢になってからの栄養不足は、
毎日カップ麺ばかり食べているサラリーマン、気をつけろ!
毎日カップ麺ばかり食べているサラリーマン、気をつけろ!
顔がむくんで目がうつろに?栄養失調の危険信号
顔がむくんで目がうつろに?栄養失調の危険信号
唇や頬がささむけてきたら栄養失調を疑え!
若い女性が肌荒れのために化粧しても無残な顔になっている人を見かけます。男性にも唇が荒れたり、頬がささむけてガサガサになっている人を見かけることがあります。もう少し手入れすればいいのになんて思っていましたが、もしかすると栄養失調だったのかもしれません。
がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには
がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには
外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは
外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは
毎日終電で帰宅するサラリーマンが気をつけるべき食生活
マック好きなあなたに注意してほしい食習慣と対策
パソコンばかり見ている疲れ目のアナタにオススメ食品
冷え性が悪化してきたあなたへ、野菜不足解消でぬくぬく効果!
ドロドロ血液からサラサラへ!毎日簡単に野菜を摂取する方法
イライラが続くサラリーマンのアナタ、この野菜が足りてない!
ストレスで限界の主婦へ、旦那にイライラせずに済むにはこの野菜
朝早くに起こされて疲れているお父さんに必要な朝の野菜は?
甘いもの食べ過ぎで危険信号?!ビタミン不足はこれで補う!
ラーメンが主食のアナタに摂取してほしい野菜と果物はコレ!