冷え性が悪化してきたあなたへ、野菜不足解消でぬくぬく効果!

冷え性の症状は、外からいくら体を温めても、体の中は温かくなりません。ストーブの前で暖を取ろうと、着るものを重ね着しようと治りません。

 

冷え性になると体の中から温める必要があるのです。それには食べ物で治すのが一番いい方法でしょう。「食養生」と言って陽性の食品を摂って、食べ物からエネルギーを得て体を温めます。体質から変えていくのですが、よく燃えて体を温めてくれるような食品を摂ることで、冷え性も徐々に改善するのです。

 

冷え性は血液の循環が悪い人に多く見られます。血液の循環がよくないということは、「ドロドロの血液」のようですね。したがってアルカリ性の食品を選ぶことで、血液がサラサラになって、血液の循環が改善されて、温まりやすい体になるのです。

冷え性の症状・・冷えは足元から

  1. 消化器の冷えが原因で起こる症状
    シミ、肌荒れ、便秘、痔、口内炎、胃腸障害、内臓下垂、腹部膨満、腰痛などの症状が見られます。
  2. 腎・副腎・泌尿・性殖器のひえから起こる症状
    冷えのぼせ、冷え性、婦人病、肥満、腎臓病、神経痛、尿道炎、リウマチ、精力減退、不感症、夜尿症などの症状が見られます。
  3. 呼吸器の冷えから起きる症状
    重い頭痛、肩こり、アレルギー性鼻炎、うつ症状、気管支炎、咳、喘息、慢性皮膚炎、冷房病、風邪をひきやすい、しもやけなどの症状が見られます。

 

これらはすべて冷え性の症状に当てはまるものです。思い当たる節もあるかと思われますので、一度チェックしてみましょう。

 

冷え性の改善には食事療法が一番ですが、「陽性の食品」と呼ばれるものが体を温めてくれます。太陽の恵みを蓄えた食品は、体内にエネルギーを補給してくれます。色が濃い食品や、寒い地方の人が好む食品には陽性食品が多いですね。

 

陽性の食品にはどんなものがあるのでしょう。

?

体が温まる食品

・しょうが
・ねぎ
・にんにく
・梅干の黒焼きなど
※風邪を引いた時に効くとされるものです。温めて飲むほうが効果的と言われます。

 

?

体を温めてなおかつ血液サラサラになる食品(陽性のアルカリ食品)

・根菜類・・牛蒡・人参・こんにゃく・山芋・レンコンなど
・自然塩
・塩辛い加工食品・・みそ・しょうゆ・梅干し・沢庵など
※寒い地方の人がおかずに煮物をよく食べますね。これらを食べると体が温まります。

 

?体は温まるが、血液はドロドロになる食品(陽性の酸性食品)
・羊肉・豚肉・鶏肉・卵・ハム・ソーセージ・チーズなど
・貝類・赤みの魚など
・精製塩
※寒いヨーロッパの人が良く食べています。貧血気味の人には食べるといいでしょう。

 

主食にしたい食品(中庸の食品)

 

玄米、麦、キビ、冷え、アワなどの精白度の低い穀物
玄米や麦などはできるだけ精白せずに、胚の部分も食べるようにすると、不足しがちな微小ミネラルが補給されて体調がよくなるのです。

 

体を温める薬味やスパイスの野菜

 

野菜本来の持っているビタミンCやビタミンEは冷え性に効果があります。ビタミンCは、血液の材料となる鉄分の吸収を助け、毛細血管の機能を守る働きがあります。ビタミンEには、血行を良くする働きと、体内のホルモン分泌を調整する働きがあるのです。

ねぎ

ねぎには根深ねぎと葉ネギがあります。白い部分は淡色野菜。葉の部分は緑黄色野菜です。ネギ特有の辛み成分「アリシン」は、血行を促進し体温を高める作用があります。葉の部分には「カロチン」やビタミンCが含まれており、風邪の予防に効果があります。

しょうが

しょうが特有の辛み成分の「ジンゲロン」や「ショウガオール」には、発汗作用があり冷え性のみならず、風邪の初期症状にも効果があります。

とうがらし

とうがらしの辛みは体を熱くさせます。「カプサイシン」と言われる辛み成分に体を温める効果があるのです。カプサイシンは毛細血管の血液循環を促進塗る働きがあります。また、皮下脂肪の代謝を促進させ、肥満を防いだりダイエットにも効果があります。

 

それ以外に体を温める野菜はこんなにたくさんあります。

 

かぼちゃ・玉ねぎ・ニラ・にんにく・にんにくの芽・葱・赤とうがらし・生姜・大根・かぶ・牛蒡・白菜・赤ピーマン・シソ・人参・豆類・いも類・ブロッコリー・ピーマン・ゴマ・山芋・小豆・もち米・茹でたキャベツ・切干大根・からし菜・グリーンアスパラ・小松菜・さつまいも・しその葉・つくし・菜の花・らっきょ・れんこん・わけびなど
※地下に埋もれている野菜類は、体を温める性質があります。根菜類やイモ類はそのものが熱を持っているので、熱さから逃れるように地面に深く潜るように伸びます。

 

参考までに体を冷やす野菜があるので紹介しておきます。

 

きゅうり・カイワレ・黒きくらげ・こんにゃく・シメジ・白ウリ・トマト・茄子・ニガウリ・ほうれん草・ヨモギ・レタスなど
※冷え性の人が食べてはいけないのではありません。これらを加熱調理することで、香味野菜や香辛料、その他調味料とうまく取り合わせることで、体を冷やさない食べ物に変えて食べることが大切なのです。

 

 

最後に

冷え性はよく冷える体質だからということではなく、血流が悪いために体温が低くなるのです。冷えると大切な酵素の働きが弱ります。酵素は体温が36,5度の時が一番働きやすいのです。また、血流がよくなるのも36,5度です。自然治癒力を活かすためにも体温が下げないよう気を配りましょう。

 

体を冷やすといろんな病気の原因になります。普段からの規則的な食事で、体を温める効果のある野菜を積極的に食べることが大切です。食事では取れない栄養素は、サプリメントでしっかり補うようにしましょう。

冷え性が悪化してきたあなたへ、野菜不足解消でぬくぬく効果!関連ページ

3食食べているのに栄養失調と言われた人に飲んでほしいサプリ
高齢者が栄養失調になる理由とその対策
近年高齢者の栄養失調が問題になっています。70歳以上の4人に1人が栄養が足りていないといわれます。つまり栄養失調ということです。高齢になってからの栄養不足は、
毎日カップ麺ばかり食べているサラリーマン、気をつけろ!
毎日カップ麺ばかり食べているサラリーマン、気をつけろ!
顔がむくんで目がうつろに?栄養失調の危険信号
顔がむくんで目がうつろに?栄養失調の危険信号
唇や頬がささむけてきたら栄養失調を疑え!
若い女性が肌荒れのために化粧しても無残な顔になっている人を見かけます。男性にも唇が荒れたり、頬がささむけてガサガサになっている人を見かけることがあります。もう少し手入れすればいいのになんて思っていましたが、もしかすると栄養失調だったのかもしれません。
がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには
がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには
外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは
外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは
毎日終電で帰宅するサラリーマンが気をつけるべき食生活
マック好きなあなたに注意してほしい食習慣と対策
パソコンばかり見ている疲れ目のアナタにオススメ食品
ドロドロ血液からサラサラへ!毎日簡単に野菜を摂取する方法
イライラが続くサラリーマンのアナタ、この野菜が足りてない!
ストレスで限界の主婦へ、旦那にイライラせずに済むにはこの野菜
朝早くに起こされて疲れているお父さんに必要な朝の野菜は?
甘いもの食べ過ぎで危険信号?!ビタミン不足はこれで補う!
ラーメンが主食のアナタに摂取してほしい野菜と果物はコレ!
一人暮らしで偏った食事をしている学生の君にお勧めのジュース