がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには

がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには

健康や食事に気を付けていても、生涯で2人に1人の割合で「がん」になっています。今日では早期発見すればがんは決して怖い病気ではありませんが、できればがんにかからないで過ごしたいものですね。

 

?がんの予防対策にはどのような方法があるのでしょう。

 

?食物繊維の野菜を多くとる
ごぼうやモロヘイヤ、グリーンピースなどの食物繊維の多いものを食べることによって、大腸がんの予防につながります。

 

?同じものばかり続けて食べない
栄養のバランスが大切なため、好きなものばかり食べていてはバランスが崩れます。ハム、ソーセージ、ベーコン、たらこなどはいくら好きでも毎日食べると、強力は発がん物質であるニトロソアミンが増加し、がんの原因になります。

 

?成人になってからの太りすぎや痩せすぎに注意すること
BMI:男性21〜27、女性19〜25の範囲内を維持できるよう、食事のとり方、運動も取り入れて生活しましょう。

 

?塩分を取りすぎないこと
カップラーメンやうどんなどのスープを飲み干したり、調理時の塩分に気を付けることが大切です。
?お酒をたくさん飲まないこと
男性は一日に1号ほどの日本酒、女性はその半分を目安にすれば、飲み過ぎにはならないようです。

 

?タバコはやめましょう。
喫煙者が禁煙となると一大決心ですが、がんにかかりたくなければ禁煙しましょう。喫煙者のがんの発生率が非常に高いことはご存じのはず。

 

?化学物質に注意
眼には見えませんが、野菜や果物に残留農薬など化学物質が入っており、できるだけこれらの摂取を減らす工夫がほしいものです。中国製の野菜など大変怖いですね。

 

?キノコを積極的に食べましょう
えのきだけやマイタケにはがんを予防する効果があります。おみそ汁に入れても食べやすいと思います。

 

?ストレスをため込まないこと。
ストレスがたまると免疫力が低下します。前向きな思考を心がけましょう。

 

?体を清潔に
体を清潔の保つこともがんの予防につながります。日頃からの手洗い、うがい、入浴を行いましょう。

 

?日光に当たりすぎに要注意。
日光に当たりすぎるとメラニン色素が増え、日焼けしますが、意識的に顔や体を焼くことは避けましょう。

 

?カビが生えたものは食べない。
食べ物にカビが生えていても気づかずに食べることがあります。がん発生の要因になります。なるべく早めに食べるようにしましょう。

 

?適度な運動をすること。
殆ど座って仕事をする人なら、毎日60分程度の散歩を心がけ、とにかく体を動かす努力が大切です。

 

?熱すぎる食べ物や飲み物は気を付けましょう。
飲食物の暑いものを摂取すると、食道に炎症を起こしたり、がんを引き起こす可能性が高まります。

 

?果物を積極的に意識して食べましょう。
果物の中にはがんを予防する優れものがあります。ミカン、リンゴ、カキ、ブドウなどに多く含まれていますが、食べすぎると糖質が高いので気を付けましょう。

 

?料理で焦がしてしまったものは食べない。
料理の失敗はもったいないようですが、がんになる可能性があるだけに、食べないことをお勧めします。

 

?牛肉、羊肉、豚肉の食べ過ぎに注意。
がん予防の観点からすると、赤身の肉よりも、魚類のほうがおすすめになります。しかしどちらにも偏らなく摂取し、食べ過ぎさえしなければ問題ないと思われます。

 

?脂肪の摂り過ぎに注意。
何事も過ぎることはいけません。から揚げなど揚げ物も食べる必要はあるのですが、食べ過ぎだけは気を付けましょう。

 

?ビタミンACEの登場

 

がんを予防するためには免疫力を高めることが重要です。免疫力が弱まるとがんは増殖してしまいます。そのためには抗酸化物質を摂ることが大切です。ビタミンACEは抗酸化作用が強く、がん予防には不可欠の栄養素です。これらはビタミンACE(エース)と呼ばれ、野菜や果物に多く含まれているのです。

 

キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・大根・人参・パセリ
・ニンニク・ニラ・トマト・ピーマン
などにACEビタミンは豊富に含まれているのです。

 

?ビタミンACEのはたらき

 

<ビタミンA> 視力低下を防ぎ、呼吸器系の感染への抵抗力を高め、免疫機能を正常に整え、骨や皮膚、神谷歯や歯茎などを作る働きがあります。

 

<ビタミンC> けがの治りを早める働きがあり、ウィルスや細菌に対する免疫力を高め、血中コレステロールを下げたり、発がん性物質から体を守る働きがあります。

 

<ビタミンE> 脂肪酸化合物やビタミンA、Cなどの酸化を防ぐ働きと、ビタミンAの活性化を図ります。体内には短時間しか蓄えられません。体の耐久力を増進し、呼吸器系の感染を防ぐ働きと、狭心症や心筋梗塞のリスクを下げる働きがあります。

 

?これらの野菜が嫌いな人はどうすればいいのでしょう。

 

当の本人が野菜嫌いを克服しようとする気持ちがあるかないかで大分違ってはきますが,
やはりジュースにして飲みやすいジュースにして摂取させることがいいのではないでしょうか。または、細かく刻んだ野菜をほかの料理に入れて食べさせるなどが考えられます。

 

それでも野菜を摂取しないならば、サプリメントで補給するしかありません。その時は3食きちんと食事をしたうえでサプリを服用してください。サプリメントだけで栄養補給はできません。あくまでも食事がメインです。

 

サプリメントの中にはビタミンACEが一度に摂取できるものもあります。いろんなメーカーがあるので価格なども調べて購入してください。サプリメントは薬ではありませんから、続けて服用することが大切です。

がん予防対策として、野菜嫌いの人がしっかりと栄養を摂取するには関連ページ

3食食べているのに栄養失調と言われた人に飲んでほしいサプリ
高齢者が栄養失調になる理由とその対策
近年高齢者の栄養失調が問題になっています。70歳以上の4人に1人が栄養が足りていないといわれます。つまり栄養失調ということです。高齢になってからの栄養不足は、
毎日カップ麺ばかり食べているサラリーマン、気をつけろ!
毎日カップ麺ばかり食べているサラリーマン、気をつけろ!
顔がむくんで目がうつろに?栄養失調の危険信号
顔がむくんで目がうつろに?栄養失調の危険信号
唇や頬がささむけてきたら栄養失調を疑え!
若い女性が肌荒れのために化粧しても無残な顔になっている人を見かけます。男性にも唇が荒れたり、頬がささむけてガサガサになっている人を見かけることがあります。もう少し手入れすればいいのになんて思っていましたが、もしかすると栄養失調だったのかもしれません。
外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは
外食が多い人は要注意!普段から気を付けることは
毎日終電で帰宅するサラリーマンが気をつけるべき食生活
マック好きなあなたに注意してほしい食習慣と対策
パソコンばかり見ている疲れ目のアナタにオススメ食品
冷え性が悪化してきたあなたへ、野菜不足解消でぬくぬく効果!
ドロドロ血液からサラサラへ!毎日簡単に野菜を摂取する方法
イライラが続くサラリーマンのアナタ、この野菜が足りてない!
ストレスで限界の主婦へ、旦那にイライラせずに済むにはこの野菜
朝早くに起こされて疲れているお父さんに必要な朝の野菜は?
甘いもの食べ過ぎで危険信号?!ビタミン不足はこれで補う!
ラーメンが主食のアナタに摂取してほしい野菜と果物はコレ!
一人暮らしで偏った食事をしている学生の君にお勧めのジュース